Mach3.laBlog

一括メンションを簡単にするジェネレータ「MultiMentions」

この記事は賞味期限切れです。(更新から1年が経過しています)

先日ひっそりとCodogueに加わった新しい仲間「MultiMentions」の紹介です。

一括メンションツイートを簡単にするジェネレータ「MultiMentions」

これはなに

MultiMentions : 一括メンションジェネレーター | CoDogue

多数のアカウントに対して一斉にメンションを送る為のジェネレータです。

2,3ユーザーならば何の問題もないのですが、
数十人〜に一括して送るのはツイッターの文字数制限をクリアする為に
一々小分けにしなくてはならず、骨が折れますね。

MultiMentionsはそんな分割作業をお手伝いしてくれるツールです。

使用例

例えば大規模なパーティの幹事をしていて、参加者に一斉に確認事項を送りたいけど、
全員相互にフォローしているわけではないので、Twiplaの一括DMが送れない。捗らなくて辛い。

そんな時は

Twipla のコメントで宛先を『「参加者」全員』にしてコピ

Twipla のコメントで宛先を『「参加者」全員』にしてコピーして

ユーザーリストをペースト/メッセージを入力

MultiMentionsの「ユーザーリスト」に貼り付けます。

「メッセージ」に送りたいメッセージを入力して、「メッセージの生成」ボタンをクリックします。
ここではまだメッセージは送信されないので安心してクリックしてください。

生成されたメッセージ

すると下に連々と分割されたメッセージが出てきます。

これをコピーしてTwitterで投稿するも良し、
各メッセージについている「Tweet」ボタンをクリックしても投稿する事が出来ます。
「Tweet」ボタンで投稿完了すると、そのメッセージは消えます。

注意事項など

  • 分かりやすいTwiplaを例に出してますが、ユーザーリストがその形式でなければいけないなんて事はありません。
    何らかの文字で区切ってあるTwitterアカウントの羅列であれば、動くはずです。

  • URLを短縮してから入力すると、ツイート時に文字制限オーバーのエラーが出る事があります。
    (サードパーティの短縮サービスより、公式の t.co の方が文字数が多い場合があるせいではないかと思っています)

  • 「以下のユーザーは文字数の関係で入りませんでした。」というメッセージが表示される事があります。
    これは、メッセージと足すだけで文字数制限を超えてしまうユーザーです。メッセージを短くする等の工夫が必要です。

  • 「Tweet」ボタンは初回だけ認証画面が表示されます。
    二つ目以降のメッセージでは表示されずにそのままツイートされるのでご注意ください。

まとめ

たまたま大規模なパーティに関わる機会があったので、作ってみました。
幹事さんの手助けになれば、幸いです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*