Mach3.laBlog

AS3備忘録: 設定用のXMLファイルへのパスをflashvarsで指定する

この記事は賞味期限切れです。(更新から1年が経過しています)

先日取引先から、納品したFlashについて問い合わせがありまして、
「設定用のXMLファイルの場所をswfと一緒に移動したら動かなくなった」とのこと。

XMLファイルへのパスをスタティックに指定してしまうと、
こういう事態に対処出来なくなり、メンテナンス性を欠くのでは?
という事でflashvarsでXMLファイルへのパスを渡す方式にして解決しました。

こんな感じでflashvarsは渡してあげます。

<param name="flashvars" value="xmlpath=/the/path/to/" />

AS3で受け取ります。

public class Main extends MovieClip{
    public function Main() {
        var xmlpath = loaderInfo.parameters["xmlpath"];
        var ul:URLLoader = new URLLoader;
        ul.addEventListener(Event.COMPLETE, onXmlLoaded);
        ul.load( new URLRequest( xmlpath + "config.xml" ) );
    }
    private function onXmlLoaded(e:Event):void{
        // do something
    }
}

モノによってはそうすべきではないケースもあるかもしれませんが、
お客さんが直接手作業で更新するようなローテーションバナー等は
こういう仕様にしてあげたほうが安心ですね。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*